So-net無料ブログ作成
検索選択

またもやミサイルが日本の上空を飛んでった

8月29日 北朝鮮の「火星12」という何ともかっこ悪い名前の中距離ミサイルが、日本の上空を通過し
太平洋に落下した。
「あぶなっ」「間違って日本の土地に落ちたらどうするんだ?飛行機や船にあたったらどうするんだ?」という感じでしょうか?
もうとっくの昔に北朝鮮のミサイルは日本を攻撃できるものが生産できているのです。
グアムに届くまでは安心だとか言っているのは、かなりぼけとるとしか思えません。
今現在、アメリカが北朝鮮と緊張しているのは、北朝鮮のミサイルがアメリカに届くかもしれないからです。
それに引き換え我が国はどうでしょう?もう何年も前から北朝鮮は日本のどこにでもミサイルを撃ち込むことができるのに、これまで何の危機感もなく、問題意識もなく、対策も講じずに過ごしてきました。
よくこれまで日本は北朝鮮に対して経済制裁などやってこれたものだと思いませんか?
アメリカの同盟国であるということが、我が国の安全保障に大きく貢献したということでしょう。

さて、そのアメリカの同盟国であるという恩恵に、甘えてきた我が国は今大変な付けを払わなくてはならなくなりました。
アメリカが北朝鮮を攻撃できないのは我が国と韓国が人質に取られているからです。
アメリカが北朝鮮に空爆、金正恩暗殺など武力を用いれば、たちまち両国は北朝鮮から攻撃を受け、甚大な被害が及びます。
多くの専門家たちは、日本独自にできることは何一つないと言われます。
そう、国内的に憲法によって武力の行使ができないからです。
戦争や武力の行使は、確かに人の生命、財産の危機に直結します。
しかし、武力の保持、武力の行使が許されるというだけならば何の被害もないと思いませんか?
北朝鮮の核の保持をなぜアメリカが認めないのか考えてみるとわかると思います。
アメリカは核保有国と一切紛争を起こしません。
ロシア、中国フランスイギリス、インド、パキスタン、イスラエルなどは核を持っていますから、絶対に手出しをしません。
(イラクに核の疑惑があると言ってブッシュ大統領がイラク戦争を起こしましたが、本当は核を持っていないことが分かっていたから戦争を吹っ掛けたのだと思います)
要は、核という武力保持は最高の兵器であり、攻撃を仕掛けると核による報復を受ける可能性があるからアンタッチャブルなのです。アメリカは核以外の戦力では世界一ですからどこの国からも攻撃を受けず、アメリカが攻撃を受けないようにしている、つまり最強の武装をすることによって攻撃されないようにしているのです。
ですから、諸外国はアメリカとは話し合いをすることが、唯一国家間の紛争を解決する手段となるのです。
日本は武装してはいますが、相手の攻撃に対して報復できるだけの戦力はありません。
他国からすれば、こっちから撃っても打ち返してこないのだから、いつでも他国の都合で攻撃できます。そう、日本は自分の国を攻撃されないようにする抑止力を自らはもっていないのです。
こんな国だからこそ、北朝鮮は平気でミサイルを日本めがけて打ってきます。
どうでしょうか?私の考えはおかしいでしょうか?


nice!(0)  コメント(0) 

初侵入 祝?

九州南部の領海、中国「海警」2隻が初進入 鹿児島

新聞ニュースを伝える見出し。

言いがかりをつけたい。

初侵入という書き方。

祝 初侵入とでも言いたいのかと感じた。

皆さんどう思いましたか?

どんどん、日本の領海に中国の武装した船がやってきます。

今までは来た事のない場所にも、やってきました。

無害航行であれば、中国をあからさまに非難できないのは承知しています。

では、こうした中国船の行動はまったく問題ない行為でしょうか?

中国船の来航の目的は何でしょうか?

日中友好のためでしょうか?

日本を侮辱するため?わが国の領土を中国の領土であると主張するため?脅し?

もし、中国が世界の平和を願うなら、他国の領土に意図的に侵入したりはしないでしょう?

皆さん、日本は中国のように海上保安庁の船を一度でも中国の領海に侵入させたことがありますか?

通常であれば、友好国と目する国に対して、領海に武装した船を侵入させますか?

もし、中国が軍艦を東京湾に侵入させるようなことがあっても、自衛隊は手出しはできません。

さらに憲法によれば、中国が一発撃ったとしても、日本の自衛隊は撃ち返すこともできません。

国家間の紛争に武力を用いてはならないのです。

さらに考えてみると、お互いに認識する係争があれば、話し合いができるかもしれません。

しかし、相手が何の要求もなしに攻撃してきた場合、何をどのように話し合えばよいのでしょう。

今回のような中国の領海侵犯(あえてそう呼びます)は、何をどう言って中国に話し合えばよいのでしょうか?

「やめろ」というしかないですね。

これまで、領海侵犯に対して我が国はさんざん中国に「やめろ」と言ってきたのです。

もう、中国船が我が国の領海内に入らないように、警告をすべきです。

それには国内法を整備すればできるはずです。

領海に入った不審な船に対して、我が国の判断で検閲するなどの法整備をして、中国に通達すればよいのです。

他国では当たり前のことです。

日本は何も中国に対して挑発行為はしていない。

にも拘わらず、中国は挑発する。

それも、尖閣周囲ならまだしも鹿児島沖に入ってきたのです。

まだ、日本人は沈黙しているのでしょうか?

せめて国連に訴えてもいいのではないでしょうか。

「中国公船が領海にやってくるのをやめてほしい」と訴えるぐらいやってもよいのではないでしょうか。

中国側に何の意図もないならむしろそうするべきです。

領土の争いのない場所になぜやってくるのか?

全く不愉快な国です。中国は。

日本は正当な主張をしっかりするべきだ。

中国は不当な主張さえしっかりやっているのに、日本は情けない。

全くどうなっているのか。

やりきれない。









nice!(1)  コメント(0) 

どうして?

毎日新聞のWeb版から
航空自衛隊の地上配備型迎撃ミサイル「パトリオット」(PAC3)が配備された中四国4県。地元の住民からは「どう対応すればいいのか」という不安や配備を疑問視する声が聞かれた。
 インタビューから
①「軍事的な挑発に対し、日本が行動を取ることが、北朝鮮に刺激を与え、核戦争へとつながるかもしれない」と危惧。
②「政府には国民の心配をあおらず、冷静になれと言いたい。話し合いで、北朝鮮に『このような行為はやめろ』と伝えてほしい」と訴えた。
③「PAC3を配備すれば、逆に北朝鮮から狙われるのではないか。日本は米国と北朝鮮の間に位置し、戦争になってほしくない」と話す。ミサイルが高知上空を通過する可能性があることについても「通過せずに落ちたらおしまいで怖い。でも、ミサイルを防ぐためと言って戦争になるのはいやだ」。

どうにもおかしいと思うのです。
 ①北朝鮮の軍事的行動に対して、日本は行動をとらなければいけないのではないのでしょうか。
今日まで日本は北朝鮮に対して軍事的に何の刺激も与えてきませんでした。
核戦争につながることを日本が行ってきましたか?
北朝鮮が一方的に核や弾道ミサイルを開発し、我が国の近海に落としてきたのでしょう。
この方の意見はまるで日本が悪いかのようで、さらに北朝鮮の軍事行動は日本が誘導しているとも聞こえ、北朝鮮の軍事行動を防御する行動をさらに非難している。
どうして何の罪もない日本が普通の行動をとることがいけないのでしょうか。
 ②政府には国民の心配をあおるなと言われる。
心配がないようにPAC3を各地に配備したのではないでしょうか?
ミサイルが日本に落下してもよいとでもいうのでしょうか?
何の防御も行わないことこそ、私は不安です。
冷静になれと言われるが、北朝鮮はグアム、日本のアメリカ軍基地に銃口を向け、手を挙げろと言ってきているのです。
引き金を引くのは北朝鮮で日本ではありません。
冷静でいられますか?
話し合いで北朝鮮に『このような行為はやめろ』と伝えてほしい」と
3か国協議を知りませんか?
中国、ロシア、アメリカ、韓国、日本、国連あらゆる国と会議で我が国は北朝鮮と話してきたのを知りませんか?
さんざん、やめろと言ってきたのです。
やめない北朝鮮に備えることが今どうしようもなく求められているのではないのでしょうか?
もし、日本が攻撃され、甚大な被害があったとき、なぜ備えなかったのか、反撃しなかったのか?
そんなことにならないように私は政府に自衛隊に頑張ってほしい。
私や家族が、北朝鮮によって殺されないように。

③ミサイルを防ぐためと言って戦争になるのはいやだ。
ミサイルを防ぐことがなぜ戦争になるのか?
既に、EEZ内にミサイルは落ちています。戦争になりましたか?
その時にもPAC3,イージス艦は配備されていました。
ミサイルを打つことが戦争につながる行為なのに、防ぐ行為が戦争につながるという。

おかしい。日本は何も悪くないでしょう。
アメリカと北朝鮮の対立に巻き込まれるなという人もいますが、アメリカも今や何の利権もない北朝鮮に手出しをあえてする理由もないのです。
勝手に北朝鮮がアメリカを仮想敵国として、核、ミサイルを開発してきたのです。
約束を破り、嘘をつき、虎の威をかって。
違いますか?
その無法者国家にたいして、我が国は備えることは行わなければならない。
そう思うのは私だけでしょうか?
私は戦争を喜んでいる人でしょうか?
右翼でしょうか?
おかしいのは日本の対応ではなく北朝鮮だと思ってはいけないでしょうか?
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

日本ファーストの会

日本ファーストの会が立ち上がりました。

左派の皆さんは国民ファーストじゃあないか?

極右の本質がみえるなどとおっしゃっています。

そうでしょうか?

ちなみに私もこのネーミングは嫌いです。

極右であろうと左派であろうと中道であろうと、世界にむけて「日本第一主義党」と発信することを好きじゃない、自分だけ一番というのが良くない、というのが日本人の民族性だと思います。

私は日本が好きです。

自分が日本人であったのは大変良かったと思うのです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog