So-net無料ブログ作成

どうして?

毎日新聞のWeb版から
航空自衛隊の地上配備型迎撃ミサイル「パトリオット」(PAC3)が配備された中四国4県。地元の住民からは「どう対応すればいいのか」という不安や配備を疑問視する声が聞かれた。
 インタビューから
①「軍事的な挑発に対し、日本が行動を取ることが、北朝鮮に刺激を与え、核戦争へとつながるかもしれない」と危惧。
②「政府には国民の心配をあおらず、冷静になれと言いたい。話し合いで、北朝鮮に『このような行為はやめろ』と伝えてほしい」と訴えた。
③「PAC3を配備すれば、逆に北朝鮮から狙われるのではないか。日本は米国と北朝鮮の間に位置し、戦争になってほしくない」と話す。ミサイルが高知上空を通過する可能性があることについても「通過せずに落ちたらおしまいで怖い。でも、ミサイルを防ぐためと言って戦争になるのはいやだ」。

どうにもおかしいと思うのです。
 ①北朝鮮の軍事的行動に対して、日本は行動をとらなければいけないのではないのでしょうか。
今日まで日本は北朝鮮に対して軍事的に何の刺激も与えてきませんでした。
核戦争につながることを日本が行ってきましたか?
北朝鮮が一方的に核や弾道ミサイルを開発し、我が国の近海に落としてきたのでしょう。
この方の意見はまるで日本が悪いかのようで、さらに北朝鮮の軍事行動は日本が誘導しているとも聞こえ、北朝鮮の軍事行動を防御する行動をさらに非難している。
どうして何の罪もない日本が普通の行動をとることがいけないのでしょうか。
 ②政府には国民の心配をあおるなと言われる。
心配がないようにPAC3を各地に配備したのではないでしょうか?
ミサイルが日本に落下してもよいとでもいうのでしょうか?
何の防御も行わないことこそ、私は不安です。
冷静になれと言われるが、北朝鮮はグアム、日本のアメリカ軍基地に銃口を向け、手を挙げろと言ってきているのです。
引き金を引くのは北朝鮮で日本ではありません。
冷静でいられますか?
話し合いで北朝鮮に『このような行為はやめろ』と伝えてほしい」と
3か国協議を知りませんか?
中国、ロシア、アメリカ、韓国、日本、国連あらゆる国と会議で我が国は北朝鮮と話してきたのを知りませんか?
さんざん、やめろと言ってきたのです。
やめない北朝鮮に備えることが今どうしようもなく求められているのではないのでしょうか?
もし、日本が攻撃され、甚大な被害があったとき、なぜ備えなかったのか、反撃しなかったのか?
そんなことにならないように私は政府に自衛隊に頑張ってほしい。
私や家族が、北朝鮮によって殺されないように。

③ミサイルを防ぐためと言って戦争になるのはいやだ。
ミサイルを防ぐことがなぜ戦争になるのか?
既に、EEZ内にミサイルは落ちています。戦争になりましたか?
その時にもPAC3,イージス艦は配備されていました。
ミサイルを打つことが戦争につながる行為なのに、防ぐ行為が戦争につながるという。

おかしい。日本は何も悪くないでしょう。
アメリカと北朝鮮の対立に巻き込まれるなという人もいますが、アメリカも今や何の利権もない北朝鮮に手出しをあえてする理由もないのです。
勝手に北朝鮮がアメリカを仮想敵国として、核、ミサイルを開発してきたのです。
約束を破り、嘘をつき、虎の威をかって。
違いますか?
その無法者国家にたいして、我が国は備えることは行わなければならない。
そう思うのは私だけでしょうか?
私は戦争を喜んでいる人でしょうか?
右翼でしょうか?
おかしいのは日本の対応ではなく北朝鮮だと思ってはいけないでしょうか?
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。